1. Top
  2. » 2012/05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モリンガ(ドラムスティック)の種蒔き

どこからともなく入手したモリンガの種。
ゴールデンウィーク頃に1昼夜吸水させた後、植えた。3粒蒔いて1株発芽(今のところ)。

発芽までは2〜3週間程度、発芽してからは生長が早い。
未発芽のものも掘り返して見ると発根しており、そろそろ地上に芽を出すかもしれない。

モリンガ発芽
発芽直後。

モリンガ発芽
数日でこうなった。
スポンサーサイト

続カレーリーフ

更新やめたと言いつつ、、

DSC00967.jpg
1歳の鉢。

DSC00968.jpg
これは分岐が多い(20ぐらい)が、生長は遅い。枝が多過ぎる?

DSC00969.jpg
こちらは4〜5本に分岐。葉の色がだいぶ変わってきたのでそろそろ収穫出来る。

カレーリーフ栽培 越冬後

屋外越冬完了の記録。

今年の寒さは厳しく幼苗は大半枯れてしまったが、数歳以上の樹齢のものについては今年も余裕で越冬。今年は冬に忙しかった事もあり一ヶ月水遣り忘れなど酷い育て方だったが、これで大丈夫という事は、やはり数歳以上になるとかなり丈夫な植物と言える。
「カレーリーフは寒さに弱い」説はなんだったんだか。

根がかなり詰まっていたので春先に土にブスブスと穴を開けて通気性・排水性を回復させた。
あと生長再開に合わせて薄めの液肥をたまに与えるようにしている。

DSC00816.jpg
現在約20分岐。新芽が出る前に大幅に切り戻して丸坊主状態にした。
去年の枝の方が芽吹き易いが、一昨年以前の枝からも少し時間がかかったが新芽が出て来た。

切り戻した部分から出て来た新芽では花芽になり難い(花芽だとしても夏の間に結実まで間に合わない)気がするので、今年は実の収穫は無し。仮に花芽が付いても切り落とす予定。花芽が付いた枝は葉の収穫が厳しくなるので。

地上部30cmほどから分岐しており、樹高が高くなり過ぎず良い感じ。但し鉢(根)の大きさが既に限界に達している気もする。

DSC00819.jpg
こちらは現在5分岐。去年は切り戻したものの分岐しなかったが今年は上手くいったみたい。
もう少し低い位置まで切り戻した方が良かった(現在、地上部60cmほどで分岐)が、今となっては仕方ない。

DSC00821.jpg
1歳の株からも順調に新芽が。

DSC00823.jpg
こちらは0歳の株。枯れたと思いきや株元に新緑が…?

DSC00824.jpg
その他の0歳の株は全滅。

DSC00825.jpg
1歳の株も1株枯れてしまった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。