1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » 調理
  4. » ジェノバソース レシピ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェノバソース レシピ

バジル収穫祭り

【材料】
バジル 50g
松の実 40g
ピスタチオ 10g
ニンニク 1片
オリーブオイル 80cc+α
塩 小さじ1/2
※チーズを入れると傷むのが早いので、瓶詰めにする場合は粉チーズは入れない。

バジルは大きめの葉が概ね1枚=1gぐらいなので、それを目安に。
1株を丸裸にすると50g程度。

茎を入れると苦くなるらしいので、葉を1枚ずつ摘み、両面をそっと水洗いし、キッチンペーパーの上などに広げて乾燥させる。

バジルは少しでも傷付くと酸化が激しいので取り扱いに注意。

【作り方】
松の実をフライパンで乾煎りする。焦げ目が付く直前程度まで。

ピスタチオは数分間茹でた後、冷水にあげて皮を剥く。

ここからはスピード勝負。

フードプロセッサーに全ての材料を入れ、ペースト状にする。

清潔な瓶に入れ、スプーンで気泡を追い出し、上部5mm~1cm程度にオリーブオイルを入れてオイルで蓋をする。
(空気に触れるとあっという間に酸化するので)

出来上がり。ちょっと粗挽き。

ジェノバソース

後は粉チーズ(出来ればパルミジャーノ・レッジャーノやグラナ・パダーノをその場ですりおろすのがベスト)と合わせて、ジェノベーゼなり、バジルトーストなり。

ちょっと記憶違いをしていたようで、思っていたよりも出来上がり量が少なかった。これだとジェノベーゼにすると3人前程度か。
去年は一回でこの倍量ぐらい作っていたので、つまりはバジル100gぐらいを使っていた模様。(去年は10株近くあったしな・・・)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。