1. Top
  2. » スポンサー広告
  3. » Mac
  4. » Apple Magic Mouse ファーストインプレッション

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Apple Magic Mouse ファーストインプレッション

誰の参考になるか分かりませんが、Magic Mouseの感想など。

悪名高い?先代のMighty Mouseと比べて。

【良い点】
・見た目
・右クリックの誤認識が格段に減った
・ホイール部が無いので、ホイール部にゴミが詰まる事が無い
・スクロール時にホイールよりも指の位置的な無理が少ない
・トラッキング性能が向上したような気がする
・マウスの接地面積が減った事と接地部分の素材変更により、マウスがテーブルを擦るキュキュッとした摩擦感・摩擦音がかなり減った

【悪い点】
・人間工学的な手のひらへの“フィット感”が皆無。あのホールドし難いと思ったMightyMouseが可愛く思える。
・2本指スワイプ以外の特殊ジェスチャーが無い(n本指スライド、等)。また、ジェスチャーに割り当てる動作を設定出来ない為に、マウスに“デスクトップ表示”や“ Expose”が割り当てられない。世界初の“マルチタッチ”マウスって、2本指スワイプだけだったのか・・・(かなり致命的・・・きっと割り当て可能だと思い込んでいた)

Mighty Mouseとの比較以外で、良い点と悪い点。

【良い点】
・やはり見た目
・トラッキング性能はかなり良い
・赤外線マウスにありがちな赤い光が無い(これはMightyMouseも同様か)

【悪い点】
・フィット感が皆無。マイクロソフトマウスあたりを愛用している人は発狂するかもしれない。
・表面がテカテカしすぎてて抵抗が強く、手に湿り気がある時は指が貼り付く。結果としてジェスチャーが軒並み操作し辛い。
・スクロールは素直にホイールの方が操作し易い気がする。
 ※Leopardだと慣性スクロールが効かないので、そのせいかもしれない。
・スワイプに少し無理がある。親指と薬指&小指でホールドしながら人差し指と中指でスワイプするので、慣れ難い。操作出来なくは無いが。
 ※追記:スワイプは普通に慣れた。スワイプ操作自体は問題なし。


総論。
機能的にはスワイプが追加されてデスクトップ表示やExposeその他が減ったので、スワイプよりもデスクトップ表示やExposeを多用する人(ウィンドウをいっぱい上げたり、デスクトップにファイルを置く癖がある人)には使い難いだけな気がする。
WirelessKeyboardと同様、実利(人間工学)よりもキャッチーさ(見た目)を優先するApple独特の美学を感じる人は買い。実利を優先する人はマイクロソフトマウスをどうぞ。相変わらずAppleのマウスは何か変です。

素直にマルチタッチトラックパッドをキーボードに内蔵してくれないかな。
せめてMagicMouseに2本指の上下ジェスチャーを割り当て可能にしてくれれば評価が変わるのですが。。。

その他の注意点。
Leopardの場合(SnowLeopardも?)、手動でWireless Mouse Software Updateを当てる必要がある。自動のソフトウェアアップデートでは出てこない。薄い説明書を読んだ感じでは自動アップデートで当たりそうな印象だが実際には手動。
またLeopardだと慣性スクロールが設定できない!!!!えー。そりゃぁないよジョブズ。
SnowLeopardだと慣性スクロールが可能らしい。

⇒ Leopardでもターミナルから慣性スクロールの設定が可能なようです。コメント欄参照。

あと設定中にbluetoothから先代のMightyMouseを先に無効にしてしまったので一瞬焦る。再起動して事なきを得る。

買って早々だが、先代のMightyMouseに戻そうかと思案中。


【写真】
AppleMagicMouseがケースに入っている状態
MagicMouseがケースに入っている状態。こういうところの無駄な美しさはさすがのApple。

MagicMouseケース裏の説明書き
MagicMouseケース裏にジェスチャーの記載が。ジェスチャーの種類が少ない。

MagicMouse本体。薄い
MagicMouseの本体。薄い。体感的にはMightyMouseの半分程度の薄さ。
手の平を“乗っけながら操作する”感覚は皆無。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。