1. Top
  2. » ガジェット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WILLCOM03で東芝microSDHCカード8GB(SD-C08GR5W4)を使用

WILLCOM03にmicroSDHCカードとして東芝SD-C08GR5W4の海外版を導入。
問題なく使用可能。

容量は8GBで自称転送速度はCLASS4。

microSDHCのCLASS表記は全くアテにならないらしいので、少しだけ高級な東芝製を購入してみた。

WILLCOM03セットアップその2

久しぶりのWindowsMobileは随分とアプリが充実していて、相変わらずダメな部分も多いがなんとか実用に堪えるレベル。実質端末負担額-22000円という事を思えばコストパフォーマンスも良い。アーリーマジョリティというヤツか。

Bluetoothを使用するとバッテリーをバカ食い。音声を飛ばしている間は動作が緩慢になるので、CPUもかなり取られている気がする。
接続先が1種類であれば無線LAN接続ツールは不要。

【インストール;アプリケーション】
・OperaMobile10β (素晴しい出来。無線LANならかなり使える)
・GiraffeAppliCatalogue(まあ便利)
・GSFinder+ for W-ZERO3(定番)
・yTskMgr(ランチャー)
・TCPMP(Bluetoothリモコンが使えないのは残念だが音声自体は飛ぶので許容範囲)
・2++

【システム系】
・WM5torage (MacはActiveSyncが出来ないので必須)
・SortInchKeyとMultiKeyHookとメニューボタン起動アプリ切替ツール(特殊キーをHook)
・AppClose(タスク管理ユーティリティ)
・gsgetfile.dll(込み入った事をやろうとすると必須)
・easyDial(あまり使わないけど、2++用)

【Today関連】
・QuicToday(Todayからインターネット検索)
・JWezWM(週間天気予報を表示)
・dySchedule(予定表を複数件 表示)
・todayWifiBt03(WiFiとBluetoothをON/OFF)

【設定したキーアサイン】
SortInchKeyとMultiKeyHookとメニューボタン起動アプリ切替ツールで以下のキーアサインを設定。
・Windowsキー
Today表示(AppClose /t)
・OKキー
アプリ終了(AppClose)
・ワンセグキー
タスク切り替え(AppClose /s)
・回転キー
easyDial
・Menuキー
yTskMgr

【Today】
willcom03 today
ちょっとビジー過ぎる気もする。

【ランチャー】
willcom03 yTskMgr
常用するのはこんなもの。あと数個登録すれば一旦は実用に耐えそう。

【音量・バイブ】
本体音量:OFF
イヤホン音量:ON(Bluetoothはイヤホン音量に従う模様)
電話着信:バイブ
メール着信:無音、無バイブ

【要調査】
・歌詞ブラウザ
・RSSリーダー
・Messenger
・地図ソフト系+BluetoothGPS
・RD-H1で録画したTV番組をMac経由で03に変換格納するセットアップ。ActiveSyncやiTunesが使えないので半自動同期は難しいかもしれない。またBluetoothがかなりCPUを持っていくので、相当ビットレートを落とさないとTCPMPでの再生が厳しいかもしれない。円高だしCorePlayerも要検討。

WILLCOM03 初日の感想と設定

【雑感】
・動作速度や操作性は許容範囲(HYBRID W-ZERO3の半額だと思えば)
・イルミネーションキーもそんなに問題ないというかフルキーボード要らない
・付属のスタイラスが異常に使い難い
・いつのまにかAgileMessengerがシェアウェアになっている。
 が純正のMSN Messengerは常にダイアルアップ接続を行うので使えない
・液晶保護シートはOverLay Brilliant
・ワンセグの受信感度が酷い(使わないから良いけど)
・HomeMenuは真面目に作ったとは思えないのでランチャーに置き換え予定
・Macをアクセスポイントにし離れた部屋から無線LAN接続が可能なので、家ではパケット接続を使わないで済みそう

【インストール】
・無線LAN接続ツール
・WM5torage (MacはActiveSyncが出来ないので必須)
・OperaMobile10β (素晴しい出来)
・GiraffeAppliCatalogue(便利)
・GSFinder+ for W-ZERO3
・todayWifiBt03
・JWezWM
・TCPMP(Bluetoothリモコンが使えないのは残念だが音声自体は飛ぶので許容範囲)
・2++

【残り】
・ランチャー
・地図ソフト系
・Messenger
・RSSリーダー
・歌詞ブラウザ
・タスク管理/キーアサインの整理
・CorePlayerを購入するかどうかは要検討

MacとWILLCOM03とHBH-DS205MK2と

MacとWILLCOM03とHBH-DS205MK2
MacとWindowsMobile(WILLCOM03)とソニーエリクソン製Bluetoothヘッドセット(HBH-DS205MK2)の無節操な組み合わせ。ケーブルが無いというのは素晴しい。机はMac購入時にMac用にオーダーメイドで購入したiDesk。

PIM用にWindowsMobile機(WindowsPhone機)が欲しくて『HYBRID W-ZERO3』内覧会に行ったところ、諸々があまり進化していない事を実感したので、今更ながら安くなっているWILLCOM03を購入。月々の支払がHYBRID W-ZERO3よりも半額程度なのがデカイ。通信料+機種代金で約3500円x2年縛り。

BluetoothヘッドセットとしてインナーイヤータイプのHBH-DS205MK2も購入。iPodShuffleよりも価格が高く、iPodShuffleよりも大きい・・・

静電式の液晶を採用しているiPhone/iPodTouchと異なり、WindowsMobile(WindowsPhone)は感圧式の液晶なので細かい入力が出来て良い。特に手書き文字認識は相変わらず秀逸。

『HYBRID W-ZERO3』内覧会

10分ほど弄った感想。写真なし、動画なし。
カスタマイズなしのデフォルト状態でハードにも慣れていない状態、かつ、久しぶりのWindowsMobile操作なので悪しからず。

【Xcrawl】
恐ろしくセンシティブ。感圧式だけだと思っていたが、周辺の金属部分は静電式?
クリックせずに指を乗せていると該当方向にスクロール(ポインティングデバイス的な)、カチッと押し込むとカーソル移動。(っぽい)
圧力をかけずにタッチでなぞるだけで動くのは良いのだが、敏感すぎて誤動作が多い気もした。圧力をかけようと思ったら指が触れてタッチが先に効いてアワワワな感じ。多分、慣れの問題が大きい。
チューニングの問題もあると思われる(内覧会の個体毎にも結構違ったようで)。製品版バージョンでもう一度確認したい。出来れば、アプリケーションごとにタッチ操作を無効にしたい(=アプリによっては感圧式だけにしたい)。

ちなみにXcrawl周辺のキーはフラットパネルだが押すとカチッとクリック感があるハードウェアキー。
右上の「←」なキーは押すとアプリをバックグラウンドで起動したまま一気にメニューに戻る。iPhoneチック。ケータイ電話的操作感では「一つ戻る(一つキャンセル)」の方が有り難い気がする。終話キーとの使い分けは未確認。

【動作速度】
現状では全面的にモッサリ。製品版でのチューニングに期待。

【テンキーでの操作】
片手(テンキー+Xcrawl)で操作が完結する事を期待したいが、デフォルト状態ではことあるごとにタッチパネル操作が必要そう。カスタマイズでどこまで凌げるか・・・自由に割り当てられるフリーのハードキーが少なそう(殆ど無い?)なのが気になる。
あとテンキーとXcrawlの間隔が少し遠い気がしたので、店頭展示時にもう一度、確認したい。テンキーで文字入力してXcrawlで変換確定してテンキーで改行する、というのが無理なく出来るかどうか、ちょっと怪しい。

【WILLCOM-UI】
iPhoneもどきのランチャーとして悪くはないが、全体的に挙動不審。まだ露骨に開発途中。
メニューをページ送りした時にカーソル位置が必ず左上に固定されるのはバグとしか思えないので、直ると信じたい。
Xcrawlが過敏すぎて微妙。現状ではメニューの選択もままならない状態(ランチャーの意味が・・・)。
またタッチ操作でのページめくりがマック使いの感覚と何か違う。指の移動距離が短いとスワイプとして認識されない?

【IE Mobile】
解像度のせいか、フォントを大に変更しても異常にフォントが小さい気がした。
フルスクリーンモードではレイアウトの再現性は良さそう。
レンダリング速度はちょっと怪しいので店頭で再確認したい。

【Outlook】
テンキーとXcrawlだけで操作しようと思ったらポップアップが出て結局タッチパネル操作をする事に。うーん。


PDA代わりにiPhone / iPodTouchも考えたが、仕事中にPIMとして使うためにはフリック入力はちょっと厳しい(遊んでいる様にしか見えない)ので、なんとかWindowsMobileの中から選びたいが。。
T-01Aでも良いのだが、メニューの構成とハードキーの少なさが微妙。
買う決心をしにいったつもりが、かえって迷いが増した内覧会だった。

どうせ半端な完成度でPIMとして使うだけであれば、もしかしたら1世代か2世代前のWindowsMobile機を購入するのが安くて良いのかもしれない。でもGPSとbluetoothは欲しいとなると選択肢が、、、
GPSないけど(今更)WILLCOM03あたりがリーズナブルかも知れない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。